PR
スポンサーリンク

高橋海人ドラマ95原作ある?最終回の結末予想とあらすじ&ネタバレも紹介

テレビ
記事内に広告が含まれています。

2024年4月8日、King & Princeの高橋海人さん主演ドラマ『95(キュウゴー)』の放送がスタート!

物語の舞台は1995年の昭和。激動の時代を生き抜いた渋谷の高校生たちの青春ストーリー。

第1話目の放送開始後、SNSにはあっという間の1時間だった」、「過去一面白い!」「続きが気になる」という声が多く投稿されています

管理人
管理人

King & Princeが歌う主題歌「moooove!!」がドラマをさらに盛り上げてくれますね♪

この記事では、テレビ東京系で放送される月曜夜11時枠のドラマ「95(キュウゴー)」の原作やあらすじ、最終回の結末予想をしました。

スポンサーリンク

ドラマ95(キュウゴー)に漫画や小説の原作ある?脚本家は誰?

ドラマ「95(キュウゴー)」は、早見和真さんの同名小説「95」が原作となっています。

早見和真さんの簡単なプロフィールをご紹介します。

名前早見 和真(はやみ かずまさ)
生年月日1977年7月15日
出身神奈川県横浜市
デビュー作2008年「ひゃくはち」
受賞歴日本推理作家協会賞(2015)
山本周五郎賞(2020)
など

早見和真さんは2014年に発表した「イノセント・デイズ」で、第68回日本推理作家協会賞を受賞されています。

原作となった「95」は、2015年に発表した青春小説。

ドラマの脚本を務める喜安浩平さんは、2013年上映の映画「桐島、部活やめるってよ」で、第36回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞されています。

管理人
管理人

原作の世界観を忠実に再現したストーリーなのか、それとも原作にアレンジが加わっているのか気になりますね。

スポンサーリンク

ドラマ95(キュウゴー)のあらすじ&ネタバレを第1話~最終回まで紹介

第1話のあらすじ&ネタバレ

第1話:世界の終りの始まり

ちょっと頼りないが、真面目で成績優優秀の秋久(髙橋海人)が地下鉄サリン事件が起きたことをきっかけに、いいようのない大きな不安にかられます。

そんなときに、同級生の翔(中川大志)に突然呼び出され、翔がリーダーを務めるチームに強制的に参加することに。

初めてチームのメンバーと顔を合わせたときは、タバコを吸うのを拒否していた秋久(髙橋海人)ですが、未来では拳銃を持って走る姿も…。

「ノストラダムスの大予言」が広く信じられ、1995年が「世界の終わり」だと信じていた若者たち。

これから秋久(髙橋海人)が道を踏み外しながらも、人間としてどのように成長していくのか見ものですね!

スポンサーリンク

ドラマ95(キュウゴー)最終回の結末予想!

ドラマ「95(キュウゴー)」の最終回の結末を予想してみました。

ネタバレ注意

現時点で発表されている情報から推測すると、物語は原作小説「95」のストーリーが忠実に再現されるのではないかと予想します!

1995年、主人公Q(高橋海人)が17歳の頃に出会った翔(中川大志)、セイラ(松元穂香)、ドヨン(関口メンディー)、マルコ(細田佳央太)、レオ(犬飼貴丈)の6人で、ちょっとハメを外しすぎた友情物語が主軸になりそうですね。

原作は、本当にこんな時代があったのかと、今では考えられないようなハチャメチャなストーリーですが、当時を知っている世代は懐かしく、知らない世代は新しく感じそうですね。

2000年にテレビ放送されたクドカンドラマ「池袋ウエストゲートパーク」に似ている雰囲気を感じませんか?

物語の最後には、青春を謳歌した仲間が20年後に再会したり、Qの奥さんも出てきたりと、全員がちゃんと大人になれたところまで描かれるのではないでしょうか。

管理人
管理人

個人的に、スッキリする結末の迎え方が希望です…!

スポンサーリンク

まとめ

ドラマ95の原作やあらすじ、結末の予想をご紹介しました。

次回の放送まで待ち遠しいですね!

\ドラマ95の関連記事はこちら/

テレビ
スポンサーリンク
maiをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました