◆IFSJ2018年10月度企画運営会議の議事報告

日時:2018年10月19日(金)18:20~20:30 場所:IFSJ会議室(人形町冨士ビル5F) 出席:5名(有賀、高梨、秋葉、海老沢、小野瀬)

議事: ① 第12回活動報告会(10月25日(木)@日本橋公会堂 第4洋室)について ・10月25日(木)日本橋公会堂 第4洋室にて予定されている活動報告会について、  現状の申込状況と今後の参加促進について了承した。

② ITBT検定の無料モニター受験募集について ・10月末までの実施を予定している無料モニター受験申込状況について、  昨日の段階で400名を超えた旨了承した。

③ オランダ農業イノベーション視察研修について ・オランダ大使館の協力により、当研究クラスターの訪問希望先に加え、大使館が  紹介可能な訪問先の連絡もあり、スケジューリングが進んでいる旨報告があった。

④研究発表会について ・次回研究発表会は、九州福岡での開催を九州生産性本部の協力打診をしており、  期日は来年4月20日(土)・21日(日)、参加人数は50名以上で計画すること  を了承した。

⑤2019年年次大会について ・開催場所は、青山学院大学、慶応大学、拓殖大学に打診し、場所候補を絞り込む  ことを了承した。

⑥知のオリンピック委員会の活動について ・第2回委員会は10月3日にバイリンガルグループで開催し、秋葉共同委員長、  郷農共同委員長、麻生委員、小野瀬委員が出席した旨報告があった。 ・第3回委員会は11月7日に開催するので、知のオリンピック開催概要を検討  して頂く旨を了承した。

⑦広報委員会の活動について ・新委員として、伊藤、盛川、上坊が参加することになった旨報告があった。 ・委員会活動として、会員向け情報共有を改善するため、月2回のホームページ  更新の提案があり了承した。 ・英語版ホームページの作成も考慮すべきだが、日本語版ホームページ更新作業  の軌道に乗せることを優先させることを了承した。

⑧IFSJ研究ジャーナル関係について ・国立研究開発法人科学技術振興機構から.IFSJ研究ジャーナルの寄贈依頼があり、  現在まで発行した全ジャーナルを寄贈する旨報告があった。

以上

​トップニュース
​最新のニュース
イノベーション融合学会は、イノベーションを起こす知の共有の場を創設します。
Innovation Fusion Society of Japan
f_logo_RGB-Hex-Blue_512.png

Copyright(C)2016 IFSJ.All rights reserved.