Copyright(C)2016 IFSJ.All rights reserved.

日本イノベーション融合学会会長
有賀 貞一
AITコンサルティング株式会社 代表取締役
元CSK代表取締役
ITC協会理事

我が国は2011年、未曾有の東日本大震災・原発事故を経験致しました。それから3年経過致しますが、昨年よりこれまでの閉塞状況の打開をめざすさまざまな取り組みが行われ、ようやく明るい兆しが見え始めてきました。

さて、今日のネット社会ではあらゆる企業においてICT導入・利活用が浸透し、社会・経済環境を変容させる引き金になっています。一昨年秋、経済産業省産業構造審議会情報経済分科会人材育成WGでまとめられた報告書では、異分野とITの融合領域において新たなイノベーションを創出し、自ら新たな製品やサービスを生み出すことのできる次世代高度IT人材の育成を喫緊の課題としてその必要性を問うています。また、他省庁もイノベーションを推進しており、産業界においては様々な機会にイノベーションの重要性が提起されています。

今後ますます激しくなるグローバル化の時代に、変化と競争に果敢にチャレンジし生き残っていく創造的なイノベーション人財を多方面から結集する狙いで、本年4月、日本イノベーション融合学会(Innovation Fusion Society of Japan;IFSJ)を創設し、我が国の活力増進、社会・経済力アップ、国際貢献に資することを標榜し活動を開始致しました。

そしてイノベーションによる変革の重要性と必要性を認識し、関心を寄せていただける皆様と一体となって、継続的なイノベーション実践活動を行ってまいりたいと考えております。

そこで今般、新たに創設する学会の趣旨にご理解・ご賛同をいただける皆様に広く会員として入会していただき、学会活動へのご協力・ご支援をいただけますようお願い致します。 

会長あいさつ

Copyright(C)2016 IFSJ.All rights reserved.

イノベーション融合学会は、イノベーションを起こす知の共有の場を創設します。
Innovation Fusion Society of Japan