Copyright(C)2016 IFSJ.All rights reserved.

【知の研究または活動の概要】

~活動の理念:情報技術を活用して社会をよりよく循環させる~

株式会社インテック 新潟センターの既存顧客を中心に+1提案を行い、

公共(とくに健康・医療)分野でのエコシステムづくりを推進します。

当拠点の基本的な役割として、
・商材および適用分野の目利きと社内外の合意形成(共創デザイン)
・導入コンサルとそのテンプレート化(ソリューションコアづくり)
を担います。

コア商材の候補としては、「人の能力を拡張or自動化し、生産性を高めるもの」
を想定しています。


たとえば、以下のようなものです。
・市民の声と行動分析、医療費分析→政策策定支援
・組織の意思決定パターンを組織資産として蓄積して、

 担当者が変わっても一定のレベルを保つ+改善のベースライン(比較材料)として活用
・高スキル人材に依存している判断業務をデータ分析で代行
・データからボトルネックを見抜き、シンプルな資料で意思決定を支援
・公開前コンテンツの文章校正
 

【知の共有場所】
普段は新潟で活動していますが、プロジェクトの進行状況に応じて
リアルとオンラインを組み合わせて進めます。

【メンバーの資質】

​日本イノベーション融合学会員を中心に、活動概要に挙げた領域において、

ある程度導入実績のあるシード商材または知見をお持ちの方。

こちらの準備が整い次第、お問い合わせフォームを開示いたします。

What's New

2017.7.11 活動概要を公開

本拠点のメンバー

拠点における役割:拠点長

株式会社インテック

新潟センター

​サービスプロデューサー

伊藤  雅人

MOT(技術経営修士)
情報処理安全確保支援士(登録番号 第002574号)

​ようこそ、IoT/IoEの知の拠点ホームページへ!

イノベーション融合学会は、イノベーションを起こす知の共有の場を創設します。
Innovation Fusion Society of Japan