Copyright(C)2016 IFSJ.All rights reserved.

​理事長
​髙梨 智弘

日本イノベーション融合学会

 

■目的

グローバル化時代に、変化と競争に果敢にチャレンジし生き残っていく創造的なイノベーティブ人財を多方面から結集し、相互のコラボレーションから、異分野間の融合領域において新たなイノベーションを創出することで、我が国の活力増進、社会・経済力アップ、国際貢献に資することを目的とする。

したがって、既存の制度・仕組み・ルール等に囚われず、良いところは相互に学び伸ばし、新しいアイデアや、イノベーションの種になり芽になる「モノ・コト・イシ」をもつ老若男女の知を、あまねく進んで取り入れる融合学会とする。

事業:イノベーションに係わる研究・実践活動、普及・啓蒙、教育・人財育成、および調査・提言などの事業を行う。

思い

1,国家的な損失の最大項目は、

 ①業界を跨いだ知の共有の欠如と、
 ②高齢者の晴耕雨読状態による定年後の経験知の激減と、
 ③イノベティブな個人が組織の論理の中で自由に活動できない現実である、と思います。

2,基本は「イノベーションを起こす知の共有の場を創設する」ために、前向きな人が集ま

   り全員が動き、多様で多数の人数と知の結集を図ることだと思います。

3,名称は学会ですが、知の共有をしたい人(企業を含む)に賛同者として、多数集まって

   頂くビジネスマッチングの仕掛けと考えて下さい。

創設趣旨

2012年6月に開催された産業構造審議会新産業構造部会では、わが国の経済を長らく覆う「閉塞感」の背景には、経済状況の構造的な行き詰まりがあるとし、第一が「企業戦略・産業構造」、第二が「就業構造」と2つの行き詰まりをあげている。
こうした中で、たとえば、従来のITの役割が変化し、ビジネスの効率化から、ITはIT関連産業の枠を超え、他産業、他分野との融合によってイノベーションを起こし、新たなサービスを創造する役割を担いつつある、としている。このような状況を鑑みれば、All Japan の精神の下、全省庁や全産業界が協働して支援する体制の確立が望まれる。イノベーションの現状を見ると、日本のイノベーション研究・教育は完全に立ち遅れていると言わざるを得ない。

 

そこで、日本産業界の喫緊の課題は次世代イノベーティブ人財の育成であるとの認識の下、「知のオリンピック注1」提唱者である青山学院大学石川昭名誉教授の参画を得て、イノベーションに関係・関連する学者、経営者、ビジネスマン、起業家、専門家、政府・自治体関係者等に広く参画をお願いし、柔軟でユニークな発想の下に、個人や地域の小さなイノベーションから地球規模のイノベーションまで、知の共有と研鑽の場として多様な知を結集する融合学会を創設するものである。
また、既存の制度・仕組み・ルール等に囚われず、良いところは学び延ばし、新しいアイデアに対しては、どんな発想でもイノベーションの種になり、芽になるモノ・コト・イシは、何であろうがあまねく老若男女の知を進んで取り入れる融合学会とする。 

コンセプト

1.  全参加者の自主性を基本とし、従来の知の研究活動を妨げない。知の収集・共有・活用に焦

     点を当て、原則として実践は各拠点とする。従って、協働プロジェクトや知のオリンピック

     注1の実施等を除き、当融合学会加入に大きな負担を掛けることを想定していない。

2.  全方位知の結集:

3.  価値創造:

①価値発見・価値設計・価値実証・価値実現の研究と実践
②知(知識・知恵・知心)の収集・共有・活用
③次世代の人づくり

4.  グローバルなイノベーション知の共有:
    

①世界の知の結集と研鑽の場として「知のオリンピック注1」の実現
②世界の目を通した日本独自のイノベーション知の研究​

5.  種と芽にアテンション:

①個人や地域の小さなイノベーションの種や芽を重視

②見えないイノベーションの見える化​

①研究成果は、全ての段階で公表し世に問う(提案・論文については経済産新報等に掲

    載予定)

②多様な研究ができるよう拠点研究部会構造とする​

6.  オープンイノベーション:
    

7.  賞の授与:

①IFSJ大賞によるイノベーションの奨励 

知の共有宇宙船

当学会は、皆が集う自由な異時空間での横割りの知の共有を目指す

「知の共有宇宙船"日本イノベーション融合学会号"」です。

コンセプト

1.  全参加者の自主性を基本とし、従来の知の研究活動を妨げない。知の収集・共有・活用に焦

     点を当て、原則として実践は各拠点とする。従って、協働プロジェクトや知のオリンピック

     注1の実施等を除き、当融合学会加入に大きな負担を掛けることを想定していない。

2.  全方位知の結集:

3.  価値創造:

①価値発見・価値設計・価値実証・価値実現の研究と実践
②知(知識・知恵・知心)の収集・共有・活用
③次世代の人づくり

4.  グローバルなイノベーション知の共有:
    

①世界の知の結集と研鑽の場として「知のオリンピック注1」の実現
②世界の目を通した日本独自のイノベーション知の研究​

5.  種と芽にアテンション:

①個人や地域の小さなイノベーションの種や芽を重視

②見えないイノベーションの見える化​

①研究成果は、全ての段階で公表し世に問う(提案・論文については経済産新報等に掲

    載予定)

②多様な研究ができるよう拠点研究部会構造とする​

6.  オープンイノベーション:
    

7.  賞の授与:

①IFSJ大賞によるイノベーションの奨励 

会員数
約200名+学生会員+法人会員(13法人)、その他後援団体
所在地
〒103‐0013 東京都中央区日本橋人形町1‐9‐2 冨士ビル5階
会長
有賀 貞一
設立月日
2014年4月1日
名称
日本イノベーション融合学会
イノベーション融合学会は、イノベーションを起こす知の共有の場を創設します。
Innovation Fusion Society of Japan