Copyright(C)2016 IFSJ.All rights reserved.

【知の研究または活動の概要】

 

1950年頃に米国から導入されたQuality Controlは品質管理と翻訳され、日本においてTQCからTQMへと育まれてきた。このCからMへの進展はマネジメントの世界に、少なからず影響を与えたが、グロバル化している昨今では、新たなマネジメント・スタイルが求められている。そこでICTを活用した品質を含めた価値創造のマネジメントを構築したい。

【知の共有場所】

玉川大学(2015年3月まで)

【メンバーの資質】

Qualityに関心のある方ならどなたでも

本拠点のメンバー

拠点における役割:拠点長

玉川大学経営学部国際経営学科教授、学士課程教育センター長

大藤 正

イノベーション融合学会は、イノベーションを起こす知の共有の場を創設します。
Innovation Fusion Society of Japan