Copyright(C)2016 IFSJ.All rights reserved.

ようこそ超微粒子選別・発生システムの知ホームページへ

ナノ(nano, 記号: n)
は国際単位系 (SI) における接頭辞の一つで、以下のように、基礎となる単位の10-9倍

(=十億分の一、0.000 000 001倍)の量であることを示す。

1ナノメートル = 0.000 000 001メートル
1ナノ秒 = 0.000 000 001秒

1960年に導入されたもので、ギリシャ語で「小人」という意味のνάνος (nanos) に由来する。

電子機器やコンピュータシステムにおいて、「ナノ」で表される時間や長さ(ナノ秒 (ns)、ナノメートル (nm))はよく登場する。

ナノテクノロジーは、ナノメートル精度の加工技術で、それにより作られる機械がナノマシンである。

【知の研究または活動の概要】
【知の共有場所】
【メンバーの資質】
What's New
ナノの地平

2017年8月7日更新
日本イノベーション融合学会第一回研究発表大会
㈱ウイングターフ 羽柴 智彦

本拠点のメンバー

拠点における役割:拠点長

 

株式会社ウイングターフ代表取締役

​株式会社フェザーグラス代表取締役

 

羽柴智彦

イノベーション融合学会は、イノベーションを起こす知の共有の場を創設します。
Innovation Fusion Society of Japan