Copyright(C)2016 IFSJ.All rights reserved.

The Japan Society For Research Policy and Innovation Management
イノベーション融合学会は、イノベーションを起こす知の共有の場を創設します。

日本伝統アートと知

日本の伝統文化の源は縄文時代の神様(自然・祖先への敬い)を祭る神道から日本独自の文化が作られてきおり、「わび」、「さび」、「幽玄」、「粋」、「武士道」の美意識もその理想を実現するためのものである。また、飛鳥時代に中国、朝鮮から仏教、大陸文化等が伝来し仏教は神道思想を取り込み、大陸文化は日本独自の風土に同化し日本化させてきた。
神道・仏教の浸透、特に禅の影響は大きく、「武士道」、「茶道」の精神面の形成の柱となった。神道及び禅は日本人の心の源でありよき人間・社会関係を形成する基盤である。
大陸文化から日本的文化として、芸道の和歌道、書道、華道、香道、能楽道、歌舞伎道が誕生し、神道からは相撲道、弓道が更に剣道、合気道、柔道の武道が誕生した。
その「道(Do)」は各文化の規範であり型であり、歴史を刻んできた思想の奥深さがあり暗黙知といえる。
また1970年代「Japan As No.1:EzraF.Vogel」が米国でベストセラーとなった。戦後の経済復興とその基になった日本人の忠実・勤勉・礼義、適応力、企業組織、家制度、高度教育等について日本の強みと米国が学んだ。最近では、Appleのスティーブ・ジョブスが道元禅師からいろいろ学んだとも言われている。
当研究クラスタは、新興諸国を含むグローバル経済、スピーディな技術革新、業界を飛び越えた産業間競争が目まぐるしく変化する世の中で、日本伝統文化の歴史観と歴史的に海外文化を取り込む融合性等を日本伝統文化の芸道・武道等から日本の強みとして学び、日本企業の海外展開における競争戦略の視点強化を図るための研究活動及び成果の海外向け発信を狙っている。
現在、従来の研究活動成果を踏まえ、日本企業の海外駐在者、出張者及び日本文化に関心を寄せる方々向けに各道の知識の習得のための「日本道(Do)知識検定」のWebサービス版を開発中である。

Copyright(C)2016 IFSJ.All rights reserved.

イノベーション融合学会は、イノベーションを起こす知の共有の場を創設します。
Innovation Fusion Society of Japan